岡田夫妻の山だより

トップページ >登山2016>0430

2016/04/30 谷川岳(群馬県)
憲司・和代
平成28年4月30日(土)  岡田憲司・和代
西黒尾根登山口9時10分〜鉄塔9時30分〜ラクダの背の鎖場11時30分〜ガレ沢の頭12時15分〜肩の小屋13時50分〜トマの耳14時4分〜熊穴沢避難小屋15時15分〜観光リフト上部16時20分〜天神峠ロープウェー駅16時37分〜谷川岳ロープウェー樺梼ヤ場16時50分

天気は午前中風強く、昼頃から弱まる予報、現地泊の予定であり、早朝小山を出発した。警備隊に登山届を提出して、西黒尾根登山口に9時10分に取りつく。数年前の同時期と比べてやはり雪少ないが前日に上部に降雪があったようだ。鉄塔の所でコシアブラ採りの2人組の若者に会う。この上部、雪上訓練が出来た辺りも雪はない。曇りで風はつよく、寒いのでカッパを着ける。
ラクダの背あたりの鎖場が連続する辺りから新雪が付いていやらしい。ラクダの背のトップで若者5人パーティーに追いつく。彼らはここでアイゼンを付けていた。慎重に下り、ガレ沢の頭に12時15分着いた、私達もここでアイゼンを付けた。この先は新雪が岩稜に着き、手強そうに見える。若者が先行するが、初心者がいるのか、追いつき、追い越した。上部に続く、トレースをたどるも岩を越せず、一旦戻り緩いトレースを辿り13時50分に肩の小屋に着いた。
天神尾根のロープウェーの最終時間を聞く、17時との事。そのままトマの耳に向かい、14時4分に山頂着、風有、寒く、時間も押しているので写真を撮りすぐ下山した。安全策をとり、往路を戻らずに天神尾根を下る事にした。雪の斜面を過ぎたあたりからは新雪が解けてシャーベット状になっており、靴が濡れそうで、閉口した。熊穴沢避難小屋に15時15分着、ここからは斜度のないルートを進むも、トレースが不明瞭で上部に向うと、前方に観光リフトのトップが見えた。4時半最終のコールをしていた。ここは行くしかないので、16時20分到着した。リフトでロープウェー駅に下りた。一人1230円を支払い、ロープウェーに乗り込んだ。16時50分に駐車場に帰ってきました。

このページのトップ
(c)2005 K2 Life All Rights Reserved.