岡田夫妻の山だより

トップページ >登山2016>0730

07/30-08/01 白峰三山(南アルプス)
憲司・和代
成28年7月29日(金)〜31日(日)
南ア、白峰三山(大樺沢〜北岳〜間ノ岳〜農鳥岳〜奈良田) 岡田憲司、和代

28日(金)自宅4:41〜奈良田駐車場22:00
29日(土)P〜広河原山荘8:26〜二股10:50〜八本歯コル12:05〜北岳14:54〜北岳小屋16:15
30日(日)小屋4:19〜間ノ岳6:29〜農鳥小屋8:11〜西農鳥岳9:34〜農鳥岳10:23〜大門沢小屋13:57〜バス停17:00〜駐車場17:42〜小山


28日(金)予定より出発が遅れてしまうが、22時頃に奈良田の駐車場に着いた、入り口近くにスペースがあり駐車した。時間が遅いがビールを飲み、喉をうるおした。

29日(土)朝、駐車場で比較的前に並ぶが、バスは300m位、下の場所が始発になっていた。満員状態で2台が通過していった。早くから起きていたので、下に行けばよかったのだ。2時間近くロスしてしまった。下調べが不足しているのは、いつもの事か。8時20分、インフォメーションをスタート、吊り橋を渡り、広河原山荘で計画書を提出した。8時50分、御池小屋への分岐を通過、登山者が一杯だ、途中シシウド、シモツケソウ、シャジンなど沢山咲いていた。10時50分に二股に到着した。左俣コースに進み、大岩が目印のバットレス沢が出てくる、四尾根登攀の入り口だ。上部に向かい、ハシゴの乗越が続き13時27分に八本歯のコルに到着した。トラバース道の分岐から北岳方面に向かう、途中の分岐から空身で北岳山頂(3193m)に向かう。14時54分、山頂は人が一杯ですがガスってきました。15時15分に北岳山荘に向けて下山開始した。16時15分に山荘に到着しました。受付で今日は混んでいて、1畳に3人だという。寝具あり、素泊まりも割り当てられた。幸運にも素泊まり客が少なく、余裕で寝られました。隣接して自炊スペースがあり、良かった。

30日(日)3時に起きて、ラーメンと茶を作り、4時に外に出た。朝焼けで、展望がよく、よい写真が撮れました。5時23分に中白峰山(3055m)着、6時29分に間ノ岳(3189.3m)に到着した、天気は晴れ、20名くらいの登山者がいた。8時に塩見岳方面、熊ノ平小屋がある三国平への分岐に到着した。8時11分、農鳥小屋に着いた。小屋番のおじさんが甲斐犬2匹を散歩させていた。愛想がいいとは言えない。若い従業員がトイレは無料だという、ジュースを1本買って飲んだ。9時34分に西農鳥岳(3051m)、10時23分に農鳥岳(3025.9m)に到着した。農鳥岳は、20歳のころ登ったので2回目だが、奈良田からも遠く、北岳からも離れており、めったに来られそうもない山だ。10時46分、大門沢に向けて下山を開始した。下降点を経由、11時27分、大門沢小屋への分岐を越した。ここからは長く、いやになる下りが続きました。13時57分に大門沢小屋にやっとの思いで着きました。今日はここで終わりだ、ビールが飲めると思い受付に行く。小屋の親父さんが、すごく混んでいるから、歩けるなら下山した方がいいという。下りの時間を聞くと3時間半位という。ぎゅうぎゅう詰めの小屋泊はいやなので下山を決めた。途中2人、4人グループと前後しながら進む。もう下るしかないので、あきらめの境地で下山しました。17時にバス停に到着、19分後に駐車場行きがあるという、4人組も一緒だ。5時半に着きました。今日の行動時間は13時間余り、白峰三山を1泊2日の山行になりました。今日なら高速料金が割安、帰ることにしました。






このページのトップ
(c)2005 K2 Life All Rights Reserved.