岡田夫妻の山だより

トップページ >登山2016>09011

09/11 谷川岳(群馬県)県南地区山岳協議会・集中登山
憲司・和代・他会員8名参加

0日(土)16時半に自宅を出発する。19時過ぎに水上町道の駅近くのスーパーで飲み物、つまみを買う。ここは何度も来ているところだ。駐車場で栃木、ヤングマンのメンバーとよもやま話と酒を楽しむ。

11日(日)カモシカはマチガ沢東南稜、栃木とヤングマンは東尾根、小山他は西黒尾根に向かう。7時にロープウェー駅を出た、雨は降らない予報だが雲が頭上にあった。7時5分、警備隊に計画書を提出した。栃木のメンバーと5名で登山口へ、曇り空、大汗をかき鉄塔に到着した。数か所のくさり場を越え、ラクダの背を経由して厳剛新道分岐のガレ沢の頭に9時31分に到着した。ガスの中、10時57分、肩の小屋に到着、20人〜30人の登山者が周囲に休憩していた。12時にオキの耳集合の予定、時間があるので小屋に入り暖かい飲み物をいただく。11時半に頂上に向かう。トマの耳でかもしかの西黒メンバーのH君が待っていた。携帯で遅れそうな話だった東尾根隊が予定時間通り山頂に、Hさんに続いて11時57分Aさんがオキの山頂に飛び出してきた。12時5分、視界の良くなってきた山頂で写真を撮る。東南稜隊は来ない、13時30分、終了点でザイルを操作するのが見えた、Wさんに続き、ようやく13時45分、Tさんが稜線で待つ我々の前に、拍手で迎えることが出来た。相当疲れたようだ。皆でトマの耳山頂に集合、写真を撮った。14時10分下山開始する。天神尾根に3人、西黒尾根に7人が向かう。15時12分、ガレ沢の頭から我々は西黒に、5人は厳剛新道を下る。リンドウ、コゴメグサ、トリカブト、ウメバチソウ、それにイワインチンが一つ咲いていました、アザミは枯れかかっていた。16時30分、鉄塔に到着、水、食料を取り一息入れた。疲れましたが17時15分駐車場に到着しました。今回心配されたお天気も、雨に降られず、幸いでした。人数も少ないながら東南稜、東尾根、西黒尾根に別れ、オキの耳、トマの耳で無事に集合することができ、皆も満足でした。参加された皆さん、お疲れ様でした。


このページのトップ
(c)2005 K2 Life All Rights Reserved.