岡田夫妻の山だより

トップページ >登山2016>09018

09/18 安達太良山(福島県)
憲司・和代
達太良山、塩沢渓谷コース

18日(日)小山5時〜あだたら高原スキー場〜塩沢スキー場8:40〜馬返し9:08〜金剛清水9;20〜屏風岩10:09〜天狗岩10:35〜4の橋11:02〜往路を戻る〜塩沢スキー場13:54

今週の常念岳〜蝶ヶ岳は悪天予想もあり、自分たちは参加できないが登山教室の下見に長岡さんを誘った。満石さんも同行してくれた。雨天模様だが、今日しかなくしかたない。5時に市役所出発、途中から雨が降りだした。二人には予定のコースを歩いてもらい、私と和代は下山口からくろがね小屋を目指す。8時前にあだたら高原スキー場に着くと、雨降りだが登山者多数準備をしていた。ロープウェーは8時半の始発、二人を残し、8時40分に塩沢スキー場に着いた。上下カッパとザックカバーを付けて8時50分に歩き出す。スキー場上部に標識あり、小屋まで30地点の表示あり、ここが1になっている。小雨、無線で満石さんと交信した。9時8分、馬返し着、僧悟台、くろがね小屋への分岐になっている。ここまで窪地になっていて、ルート上は雨水が流れている。9時20分金剛清水着、少し幅広で、少しはましだったが、帰りは水が流れていた。20分程進むと、大きな木が倒れて道を塞いでいる、14番あたりライトが点滅、小さい滝がある、左手斜面が大きく崩れており、集中豪雨の爪痕だ。10時9分、三階滝を過ぎ、屏風岩着。鎖場を進むと、沢の流れが多く、ゴーゴーと聞こえる。10時17分、鎖はずっと通っており、鎖から所々ロープが垂れている、トラバース部分が出てきた。足元には金棒が残っており、橋か、板を支えていたと思われる。下はスパッと切れており、足慣れた登山者ならまだしも、一般人では無理な個所が出てきた。10時25分、18番の八幡滝着。この先の19番に壊れて落ちた丸木橋、21番壊れたアルミ橋、22番壊れて、ひっかかった丸木橋が出てきた。これら、近くの石を拾い、川にドボンと落し、足場を作って進んだ。しかし、23番のアルミ橋は対岸には石がありそうだが、こちらにはなく、川幅もあり渡れないと判断した。無線で満石さんに状況を伝えた。彼らも一応下りられるところまで来るという。暫くして、25番のところの丸木橋が通れないとの無線が入る。その地点で止めて、気を付けて、下山するよう話をする。私たちも12時15分、雨降りのなか下山を開始する。12時42分、屏風岩、13時21分、金剛清水着、ここで休憩、腹に少し入れる。ここからのルート、雨水が流れ、ぐちゃぐちゃで脇の高い山側を下る。2か所、木材の切れ端が山になっていた。流れてきたのが引っ掛かり山になったのだろう。13時41分馬返し、13時54分に塩沢スキー場に戻ってきた。濡れものをビニール袋に入れ、14時5分に乗車、14時20分過ぎにあだたら高原スキー場に着きました。程なく、長岡、満石さんが下山してきて再会しました。駐車場の隣に立ち寄り湯があり、皆、終日雨でびしょびしょになった身体を温泉につけて帰りました。一般人を公募して連れて行くのなら、やはり、直近の下見は必要だろうと思った。無線機は大いに役に立ちました。

このページのトップ
(c)2005 K2 Life All Rights Reserved.