岡田夫妻の山だより

トップページ >山スキー>20060409

2006
04/09
大戸沢岳山スキー
橋田・長岡夫妻・小川夫妻・日向野・本田・渡辺・速水・福田岡田夫妻・遊(犬)
大戸沢岳山スキー
前夜泊の10名、当日参加の我々2名で総勢12名の大所帯だ。前夜からの降雪約20センチ。 7:49登山口を出発する頃は曇り。登山口で警察官おり、気をつけて行動するよう注意があった。他にはおじさん2人組みがいた。9:00頃より晴れてくるとの天気予報を期待して進んだ。動き出すと暑い。尾根に取り付く途中で小休止して衣類を調節する。やはり春だね。
シールワックスを付けない岡田組2名は高下駄を履いているほど雪が着いてしまい、登降に苦労。皆に笑われてしまった(知らないって平気なんだよね)。 1385mあたりからの尾根筋は、風速20メートルはあろうかというほどで、時々耐風姿勢をとりながら進むが、5分でトレースも消えてしまうほどだ。強風でウールの手袋が凍ってしまい、予備スキーの手袋に交換した。10:56止みそうもない強風の中で休憩。 この強風の中、昨日から行方不明者の捜索でヘリが上空を飛んでいた。 11:30 1553m地点あたりで、橋田リーダーの意見で下ることとする。皆で記念写真を撮る。樹林の中の楽しい滑りのイメージは、一瞬で消えた。ターンしたとたんトップが雪に潜ってしまい、湿った重たい雪から抜け出すのは一人の力では一苦労。段々と消極的な滑りになってしまう。登ってきたルートを、皆が何回も滑ったり、転んだりしながら下って、 14:00頃登山口に全員無事に着いた。下は晴れて良い天気なのだが上の方は相変わらず風が強そうだ。道路際に警察官が居て捜索している人がまだ見つからないらしい。
駒の湯で一足早く来ていた駒ヶ岳組3人と会う。一風呂浴びて冷たい飲み物を飲んだ。うまい!この次は山頂から滑ってみたいものだ。

このページのトップ
(c)2005 K2 Life All Rights Reserved.