岡田夫妻の山だより

トップページ >山スキー>0315
トップ k2掲示板

2009/03/15 西大嶺・西吾妻山
憲司・和代

西吾妻山山スキー

3月8日(日)西吾妻山山スキーに好天をねらい和代と出かけた。今日は山岳会メンバーが毎年恒例のツアーで天元台から戻ってくる日で、西吾妻山で会えるかもしれないのと、もし会えなくても二十日平尾根のシュプールを期待したからでした。しかし、グランデコスキー場のゴンドラでゲレンデトップに立ったのが8時57分なので、これは自分たちの体力では無理かなと思いながら、10人くらいの先行パーティーの後を追う。樹林帯のわりに、昨日の冷え込みのせいか、雪面硬くてシールの効きがよくない。樹林帯を越えるとバックに磐梯山の眺めがすばらしい。後続のパーティーに抜かれながら、やっとの思いで10時28分に西大巓に到着した。頂上には15人位のスキーヤーと登山者がいた。
ほとんどのパーティーは往路を戻るコースで西吾妻に向かうのは数人程度、シールを外してスキーで鞍部に向かう。下っていって、少し右手に進みすぎたようだ。中央部に後続していたパーティーが見えた。ルートを修正しながら、樹氷の間を縫うように進む。こんな素晴らしい樹氷は初めてで、ワクワクしました。シールも効き、天気もよく気持ちがいいが、若干ルート不明瞭でしたが、気がついたら偶然にも避難小屋が正面に見えました。時間は11時36分、他パーティーが小屋に入ろうとドアを開けようとしていたが、凍り付いていて開かないようでした。軽く食事をとり、出発する。シールを効かして難なく、11時52分に西吾妻山(2,035m)山頂に到着した。
天気はいいが寒い。シールを外し、いよいよここからは未知のルート、先行するパーティーのシュプールを見つけ、安心しながらも、GPSの数値とマップポインター・地図のにらめっこを続けながら下降を続けた。トレースはガイドブックのルートを右に行ったり、左に行ったり修正しながら進んでいる。スキーの滑りといえば、山頂直下こそ滑りはしたが、後は林間のスキーの滑りは、雪質も好いとはいえず、不満足なものでした。13時52分に二十日平に到着、日当たりもよく、休憩をとる。この辺りから通過してきた西大巓と西吾妻山の頂上が望まれる。ここから、先行のトレースは更に南に向かい、ガイドブックと異なるが、先行のパーティーは毎年通っているルートのはずであり、後続した。急坂を下り、最後に小沢を石づたいに越えて、しばらくして、グランデコ駐車場が見える道路上に出た。14時55分にゲレンデ入口到着、駐車場からの西大巓と西吾妻山の白い山頂が望まれ、なかなか好い眺めが印象的でした。

このページのトップ
(c)2005 K2 Life All Rights Reserved.