岡田夫妻の山だより

トップページ >山スキー>0429
トップ k2掲示板

2009/04/29 燧ヶ岳
憲司・和代

燧ヶ岳山スキー

4月29日(水)ゴールデンウィークの初日の好天をねらい、御池まで開通したのを確認して燧ヶ岳山スキーに和代と出かけた。ここは3度目だが、前回は途中敗退でした。駐車場には40台くらいの各県の車がとまっていた。シールをつけて駐車場の裏手から7時30分出発した。我々の前後に山や、スキーヤーがいっぱいだ。樹林帯に入り、傾斜が増してくるとシール歩行の未熟さが出てしまう。やっと広沢田代に出た。10人くらいのパーティーが先行し、正面左側から登るようだ。後を追い、平らな雪原を横断して次の樹林帯の手前で休憩をとる。前回は右側から登った記憶があると和代が云う。右側を行くパーティーもあるようだ。今回は左手から行くことにする。なんとか頑張って、熊沢田代を見下ろす台地にでる。田代に9時58分到着した。ここから燧ヶ岳の勇姿が目の前だ。ねらって来たとはいえ、お天気は最高でした。ここからの傾斜はけっこうあり、きつくがんばりどころだ。ジグザグを繰り返し、やっとの思いで大斜面を登りきることが出き、頂上直下の台地に到着、ここには多数の登山者が休憩をとっていた。ここで荷物を下ろし、燧ヶ岳山頂爼ー(2,346m)に11時46分着いた。至仏山は真っ白だ。となりのピークの紫安ー(2,356m)に誰か一人登っているのが見える。頂上には多数の人がおり、栃木岳連のグループもいるのかもしれない。
さて、お楽しみの滑降といきたいところだが、皆に置いてきぼりにされては困るので、早めに出たが失敗だった。上から見てなるべく左にルートを取るように下ったが、後で気がついたら上から見て、一番左を行くのが正解だったようだ。下から見ていると丁度好い斜面を、後のグループがワイワイ楽しそうに滑ってきた。熊沢田代を越して、先行パーティーの後をいく。全員足がそろっている印象で、山スキー慣れしているという感じで樹林帯をこなしていく。我らといえば、数年前よりは大分ましになっているが、まだまだ未熟なのが、残念だ。とにかく、13時42分に駐車場に着いた。とりあえず、前回の雪辱を果たしたということにする。

このページのトップ
(c)2005 K2 Life All Rights Reserved.