岡田夫妻の山だより

トップページ >山スキー20090510

2009/05/10 月山(山形県)
憲司・和代

月山山スキー

5月10日(日)月山に和代と出かけた。月山は何度か山スキーにも来ているが、天気に恵まれれば、初心者向けで楽しい山だ。鳥海山を計画したが、片道440q以上あり、自動車道を下りてから一般道をしばらく走らなければならないので、時間的に今回はあきらめた。3時半に自宅を出発、8時に姥沢駐車場についた。スキー場はコブのコースが沢山できており、コブ目あての人が多いようだ。天気は午前中の晴れを期待していたが、大丈夫そうだ。片道リフト券を買い、リフト上部でしたくをして9時16分に出発した。大斜面の中を月山の方角に向けてシールをつけ、今回もアイゼンをつけたが、早すぎたようだ、下りも滑らない。月山に向かう人はそれほど多くない。山頂方面は雪がない。11時3分雪が切れる場所でスキーを外す。2.3人位が先行している。11時40分に鍛冶小屋跡を通過する。11時57分に頂上到着した。神社の上部がのぞいているが、頂上付近はやはり、積雪は多い。頂上からの眺めはガスってきておりきかず、頂上小屋の裏手の風のないところで休憩する。
下山を開始、12時21分芭蕉の句碑を通過し、スキーをデポしたところに到着した。そこにスキー靴で登ってきたスキーヤーもいた。上部から見ていると姥ヶ平から沢に向かって滑りおり、裏側に回りこんでいるパーティーが見える。今日の下りのルートは、まっすぐリフト乗り場をめざして滑降、鞍部から、登り返し気味にリフトの裏側の斜面を進むことにした。滑り出したら、圧倒的な積雪量とザラメ雪でスキーは回しやすく、ゲレンデのような感覚で、今年の山スキーではいちおしでした。リフト乗場下部には、ロープが張ってあり、立入禁止になっているようだ。自己責任は当然と思う。我々はリフトの裏側上部をトラバース気味に進みリフト乗場の裏手に出た。中にはもっと沢近くまで滑り降りるグループがあり、回り込んでリフト乗場に来られるのかもしれない。それができれば結構楽しめそうだ。次回のお楽しみとする。13時25分にリフト乗場に着き、そのまま駐車場の裏手まで滑り、13時33分に駐車場に到着した。14時30分に月山を後に出発して小山に19時到着した。帰りに車に着いたむしの汚れを洗車場で落としてから帰った。

このページのトップ
(c)2005 K2 Life All Rights Reserved.