岡田夫妻の山だより

トップページ >山スキー20091227

2009/12/27 神楽峰(新潟県)
憲司・和代
神楽峰山スキー

平成21年12月27日(日) 新年を飾る、我が家のホームページのトップページの写真が必要です。スキー場の情報はこまめにチェックしており、積雪は十分なので、かぐらスキー場からの神楽峰を目当てに和代と出かけた。今年は苗場、かぐらスキー場の共通シーズン券を買っており、いつ行っても並んで窓口で買わないで済みます。

小山を5時に出発、このところ、飲み水にこっており、谷川岳パーキングで「6年水」を汲むのが仕事になっている。今日の自動車道は残念ながら乗り放題1000円ではなく、1900円の表示だ。今日は10時頃まで雪、その後は曇りの天気予報だ、駐車場は9時に小雪まじりだった。今日は山頂に立てなくても、ゲレンデトップをシールで歩き、適当なところで写真をとるのが目的、ゆっくり準備をして、天気の回復を期待して9時半頃、ロープウェイに乗車する。

今日はロープウエィからゴンドラ、第三ロマンスリフトを乗り継いで行き、ゲレンデトップが終点で、登山届けを提出した。ここでシールを着ける。ボーダー、スキーのパーティーが思ったより多い、10時24分出発した。樹林帯の中を先行のトレースを進む。久し振りのシール登高で調子がでない。30分位進んだところで和代のシールが外れた。見ると粘着がなさそうなので、あきらめてスキーを担いで歩き出す。自分のシールも一緒に購入したのでおそらく寿命かもしれない。相変わらず、後続にどんどん抜かれてしまう。11時30分、動いていない第

5リフト終点に着き、一息いれる。数パーティー休憩をしており、写真をとってもらった。歩き出すと、嬉しいことに天気が急速に回復してきた。上から見るとゲレンデはガスっているが、ここからは、青空が広がり、苗場山、谷川岳方面が絶景です。途中から右手の中尾根にトラバースする人が見え、下降のシュプールが見えた。あのルートを行ってみたくなり、神楽峰の頂上手前を今日の到達点とした。12時48分、後続の人にお願いして、2人一緒の写真を写してもらい、当初の目的を達成することができました。

ここからは鞍部までスキーで滑りおりる。3年前に通ったことがあるのを、なんとなく思い出した。ここから1984mの中尾根のピークまではひと登り、13時36分にピークに到着した。ここから滑降といいたいが、少し下ると、斜滑降とキックターンになってしまうのは情けない。今日の先行者のシュプールは第5リフトの終点に向かっており、その跡を追うことにする。14時20分にリフトの直下を通過した。ここからは広いゲレンデに通じており14時30分過ぎにメインゲレンデにたどり着いた。休憩をとり、残っていた食料とテルモスの暖かいコーヒーで喉の渇きをいやした。ここからは、ゲレンデを下るばかりだ。快適に飛ばし、ロープウェイの駅まで来ると、下山用ルートが使えるという。途中何度か休憩し、駐車場に到着したのは15時34分でした。

このページのトッ
(c)2005 K2 Life All Rights Reserved.